拾えないゴミが拾える

海ゴミの中には、プラスチック製品だけではなく、割れたビンや空き缶、釣り針🎣などいろんなものがあります。

ガラス瓶はさかなたちへの影響は少ないかもしれないけど、キレイな海で潜りたい私としては、やっぱり拾いたい🚮

割れたビンやギザギザの缶は、ゴミの袋によってはメッシュの網目からははみ出しそうで怖いし、何よりスーツを傷つけてしまうことがあったらと思うと・・・。

せっかく良いことしてるのに
その代償は大きくて、ゴミを拾うことを躊躇してしまいます。

その点、麻(ジュート)生地でできたサステナブルポーチは、その心配はないです。

海にしばらくあった釣り針🪝は錆びてるので麻(ジュート)生地を通すことの心配はないのですが、新しい釣り針🪝✨はうっかりすると生地を差し通してしまうことがあります。
釣り針には返しがあるので、突き通してしまうと釣り針を抜くのが大変!!

そこで試作品を作るときにご意見があった内ポケットを、表面が滑らかな植物由来の不織布がいいということを採用しました。
新しい釣り針は内ポケットに入れて回収していただきたいです。

内ポケットは加水分解するものであるし、縫い付けているものであるから、破れやすくなっているので、ココはお気をつけいただきたいと思います。

ビール瓶などが見えます。

関連記事

  1. 金具の動きが悪くなりました

  2. きっかけ

  3. 障がい者への就労支援

  4. こだわり

  5. ロスト対策

  6. 持ち物がいっぱい対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA